アプリ、紙、電子辞書、オンライン、おすすめはどれ?フランス語辞書の選び方

フランス語の辞書はどれが良いのか?これは、学習者の皆様ならいちどはお考えの事かと思います。

様々な出版社から様々な辞書が出ていますし、、最近は内容は同じでも紙、電子辞書、そしてスマホのアプリ辞書まで様々な形態の辞書が出ており、いったいどれがいいのか、と悩む方も少なくないのではないでしょうか。

ここでは形態別の辞書の特徴(長所・短所)をまとめ、その特徴を元に活用シーン別のオススメ辞書をお伝えいたします。

(オンラインの無料翻訳サービスについては以下の記事をご覧ください。)


形態別

1.紙の辞書

【長所】

・一覧性に優れている(周辺単語なども自然に参照できる)
・書き込みができる

【短所】
・(電子辞書などと比較して)引くまでの時間がかかる
・音声は出ない

 

2.電子辞書

【長所】
・引くまでの時間が短い
・音声付きのものが多い
・電池が長持ちする
・余計な機能がついていない

・携帯性に優れている

【短所】
・手書きでメモができない

・価格が高い

・一覧性に乏しい

 

3.スマホアプリ

【長所】
・引くまでの時間が短い
・音声付きのものが多い
・電子辞書に比べて価格が安い

・電子辞書よりもさらに携帯性にすぐれており、さっと取り出せる

・片手でも使える

【短所】
・メールやアプリなど気が散るものが多い
・画面が小さい
・(電子辞書と比較して)電池の持ちが悪い

 

4.オンライン辞書

【長所】
・無料で使える
・音声付きのものもある
【短所】

・ネット環境が無いと利用できない

・ついネットサーフィンをしてしまうなど、気が散ってしまう可能性

・情報の信ぴょう性に難アリ

 

利用シーン別 おすすめの辞書

1.海外旅行
【おすすめ辞書】

スマホアプリの仏和・和仏辞典

【理由】

海外旅行で辞書を使うシーンを想像してみましょう。

・外出中

・道を歩きながら

・人と話しながら(言いたい事がある時/言われた単語の意味を知りたい時)

 

・観光地の看板を読みながら

 

こうしたシーンで求められるのは、網羅されている情報の豊富さよりも、さっと取り出せる手軽さ、検索の早さや携帯性の良さ、そして何かをしながら片手でも調べられる手軽さだと思います。そんなニーズには「スマホアプリの辞書」がピッタリです。

 

2.勉強用

【おすすめ辞書】

電子辞書

【理由】

総合的に考えると、電子辞書がおすすめです。

 

・音声で耳から直接発音が確認できる(紙の辞書への優位性)

    ⇒言語は音です。直接音を聞いて実際に口にしてみる事がとても重要です。

      特にフランス語は、日本人にとって馴染みの無い発音や発音ルールなどが存在しているため、実際に音を聞く事が上達への近道だと思います。

 

・検索が早い(紙の辞書への優位性)

    ⇒長く学習を続けるにあたって、単語の検索の早さはとても重要です。

      仮に1単語あたりの所要検索時間が、

      紙の辞書 10秒

      電子辞書  3秒

      だとします。1単語あたり7秒の差。仮に1時間に100単語の意味を辞書で調べた場合、なんと「700秒(11分40秒)」の差が生じます。

 

・気が散る余計な機能が入っていない(スマホへの優位性)

    ⇒ついつい触ってしまうスマホ。これは個人差があると思いますが、意思の弱い私はスマホで辞書を使っているとついつい勉強中でもLINEやFacebookが気になってしまいます。プッシュ通知が来たらもう降参です(笑)

      スマホ辞書アプリはとても便利ですが、勉強をするはずが…とならないためにも、勉強中は勉強用の端末(=電子辞書)を使う事をおすすめします。

 

3.読書のお供

【おすすめ辞書】

すべての辞書

【理由】

私はどの辞書でも良いと思いますが、せっかくですので一つ紙の辞書のオススメの使い方を紹介します。

それは、辞書を引いた単語の欄に「どの作品の何ページ目で出て来たか記しておく」事です。
これにより、次回また別の本を読んだ時に、

「あぁあの作者はこの単語をこういうニュアンスで使っていたのか」
「同じ単語でも作者によって単語の使い分け方が結構違うなあ」
という事が感じられ、より作者の特徴がわかり面白く読めると思います。

また、勉強として同じ本を何回も読み返す方の場合も、1回目の読書で単語の持つ複数の意味の中で、どの意味だったのかを何につまづいたのかが分かるので2回目以降の読書はがスムーズに楽しめると思います。

 


以上、簡単に各辞書の特徴と利用シーンについてまとめてみました。今回は

少しでもみなさんの辞書選びの参考になりましたら誠に幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
follow us in feedly